WORKS

企画開発室 木下係長 仕事紹介インタビュー

Q1.まず、現在の仕事はどのようなことをされていますか?

企画開発室 木下係長A. 新製品の企画・開発をやっています。具体的には製薬メーカー様OEMの氷枕、おでこや首を冷やす製品、寝具用、ペット用など保冷具や湯たんぽなどの保温具、医療用ホットパックなどの企画開発です。
お客様からのご依頼、ご要望にお応えしたり、こちらから提案させていただいたりしております。

 

 

Q2.現在、業務上、心掛けていることがあればお聞かせ下さい。

企画開発室 木下係長A.常に新しい素材を探し、新しいご提案が出来るようアンテナを張っています。自社製品でもOEM製品でも新しい企画、新しい製品を創り出すことを日々心掛けています。そのため様々な展示会などにも足を運ぶようにしています。また、OEM製品の企画開発には守秘義務を徹底しています。

 

Q3.生産現場の責任者をされていたようですが、
当時はどのようなことを心掛けて仕事をされていましたか?

A.確かな品質の商品創りを心掛けていました。品質、納期を守るため、原材料の品質管理、生産機械の点検、計測機器の点検、更には生産部の社員が業務をしっかりやれるよう気を配ってやっておりました。
生産現場の責任者として、品質の確実性、生産性の向上、コスト削減、納期の厳守には注力してました。

 

Q4.企画開発のやりがいと今後の目標をお聞かせ下さい。

企画開発室 木下係長A.企画開発として製品を創り上げるということは本当に苦しい仕事です。
でも、自分のアイデアが製品化されたとき嬉しく思いますし、その製品が店頭で並んでいる姿を見たとき感無量です。企画開発の仕事をしてなければ味わえない喜びです。
今後も常に新しい素材を探し、新しい製品を創り上げて行きたいと考えています。

 

Q5.最後に休日の過ごし方をお聞かせ下さい。

A.私の休日は妻の休日です(笑) 私は子供と犬と戯れています。

 

PageTop