三重化学工業の安心・安全なモノづくりへの「こだわり」がそこにあります。



ステンレス製配合タンク 規定量まで水を張る
1t配合タンクに規定量まで水を張り、調整剤、防腐剤を投入し、目視にて溶解するまで攪拌します。



攪拌してムラを無くす

上記工程で原料の溶解が確認出来たら、攪拌しながらダマが出来ないように渦の中にゲル化剤を投入する。
これで保冷剤の内容物が完成です。ゲル化剤の分散が悪くダマが出来ると、求める粘性が得られないばかりか、充填包装機での
ノズル詰まりの原因となります。



小袋用充填包装機

ゲル化剤が完全に溶けてムラのない状態になったら、輸送ポンプにて各充填包装機のサブタンクに送り込む。
万が一、異物が混入すると不適合品になるばかりか、シール不良の原因になりかねます。



検査風景

保冷剤が社内基準値(一部例外あり)に納まっているか定例の検査にて確認し、生産管理チェックシートに記入します。



箱詰め風景

目視で検品をしながら保冷剤の箱詰めを行います。

 

 

 

 

 


※主となる製品の製造工程ですので、例外も御座います。

 

>> 保冷剤の主な商品を見る